厚生労働省認可

STEPるんるんについて

16年間ドキュメンタリー映画監督として、「人」を見つめ続けて来た石井かほりが、 自身の身体の不調をきっかけに「人体」へ興味を持ち、一念発起して治療家に転身。 今度は「患者の心と体から出されるサイン」を見つめ、 本来あるべき状態を取り戻すきっかけ作りをしています。

ここで施術を受けたなら、帰りにはステップを踏みたくなるくらい、 るんるん気分になっていただきます。

治療家 石井かほりについて

2018年
学校法人呉竹学園 東京医療専門学校 入学
2020年
一般社団法人堀口三恵子美容アカデミー「手技療法講座」修了
2020年
船水隆広師によるT-style technique(TST)ゼミに参加
(「てい鍼」と呼ばれる先の丸い金属の棒で体表をなで、気を流すエネルギーワークを修得)
2021年
学校法人呉竹学園 東京医療専門学校 卒業
2021年
鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格(厚生労働大臣認可)取得
2021年
MLT整体スクール修了
(鈴木章生師開発による頭部から全身調整する繊細な整体技術)

はり灸の他に、さまざまな手技テクニックを修得。
東洋医学の思想だけではなく、西洋医学の解剖学に基づいたアナトミートレインや、頭蓋オステオパシーなども取り入れ、患者さんに一番合う治療法を提供できるよう心がけています。

痛みを取り除くだけでなく、美容痩身効果を高めるための様々な手技も修得。

操体法、骨盤矯正、猫背矯正、顔面の歪み矯正、口腔整体、頸椎、胸椎、仙骨矯正など。

また、いくつかの特殊治療も身につけ、あらゆる疾患に応えられる治療家を目指しています。

トラウマ治療、視力回復、顎関節症、浮腫み治療、呼吸改善・横隔膜施術、自律神経調整、不眠症改善、婦人科疾患治療、片頭痛治療、子どものかんしゃく・おねしょ・夜泣き治療、ヘッドマッサージ

治療家以外の活動について

石井かほりが治療家となった背景

2016年当時、新作映画の上映活動のため多忙を極めたわたしは、 「突発性難聴」という病気になってしまいました。 病院に通い様々な検査を受け、治療法を試したけれど一向に治らず、 耳の奥で鳴りやまないノイズに、「普通の生活がしんどい」というレベルまで落ち込んでいきました。

耳鳴りは、外から見ただけでは気づいてもらえません。 自分がしんどいということが伝わらず、感じ悪い印象を与えてしまうことも増え、 比較的気丈な性格のわたしがふさぎ込んで行くのを感じました。
「このままではいけない、なんとか治せないだろうか」と焦りと祈りの中で、 「耳専門のはり灸治療院」を発見。 一縷の望みを託し、駆け込んだところ、一度目の治療で「変化」が起きました。 そこから、約1年半ほどかけて見事完治。
この体験をきっかけに、「はり灸」が肩や腰の疲労回復だけでなく、 病気も治せるのだと認識し、尊敬と感謝の念を抱くようになりました。

そして、ふと、自分の身体のことなのに、 これまでまったく他人任せの無関心であったことに気づき、違和感を覚えました。
自分の身体に責任を持つために医学と医術を学びたいと思い、 映画上映が一旦落ち着いたタイミングで専門学校に通うことを決意しました。

また、その知識や技術は、自分以外の方の痛みや苦しみを緩和し得ることにも やりがいを見出し、治療家としての道を歩もうと心に決めたのでした。

現れている症状の、本当の原因を皆必ずしも自覚できているとは限りません。
人には無自覚の部分や潜在意識があること。
そして、すべての人に歴史があり、それに伴う様々な事情があるということ。
「人」の内面や背景を踏まえて、人を診ていくことが、 真の原因究明につながると考えます。

自身が周りに気づいてもらいにくい病となった経験、 そして、映画監督として「人」を観て来た経験は、 この先の治療家人生に大いに役立つと考えています。

患者さんの心と体を診て、その声にプロの治療家として耳を傾けます。
STEPるんるんの施術によって、患者さんがもう一度自分に期待したくなるような状態を導けるよう 日々懸命に励みます。